引っ越しお役立ち情報

転勤なら持ち家は賃貸?売却?どうする

急な転勤が決まり、せっかくのマイホームに住めなくなってしまった。。

 

残念ではありますが、引越しをしなければならない以上、持ち家をどうするかを決めなければどうしようもありませんね。

 

選択肢は2つ。「賃貸」か「売却」か、です。

 

管理ができるなら、そのまま自宅として置いておくのが理想かもしれません。
転勤からまた戻ってくる可能性があったり、定年後にはまた今の持ち家に戻ってきたいなど、これからのライフスタイルを考えることでもどうするかが決まってきますね。

 

ですが1番の問題は、現実的に維持費用がかかること。。

 

マンションでも一戸建てでも、住宅ローンが残っているなら、そこから維持するのにかかる費用が分かりますね。

 

賃貸が得になるか、売却が得になるか、それぞれのメリットとデメリットをあげてみます。

【賃貸】のメリット デメリット

メリットは、

  • 転勤から戻ってくればまた住むことが出来る。
  • 家賃収入を得ることができる。

 

デメリットは、

  • 大家として、修繕費、固定資産税、空室リスクを負わなければならない。
  • 管理会社に委託すると、別に管理費用がかかる。

 

他にもあるでしょうが、大きくはこんな感じです。

 

少なくとも、ローン返済額よりも家賃収入が多くなくては確実にマイナスになります。
資金的に問題がなければ、賃貸にしてみるのも良いかもしれません。

 

持ち家の家賃をどのくらいに設定できるのかを知りたければ「家賃査定」をしてもらうのが一番良いです。

 

▼▼無料で複数の不動産会社から「家賃査定」がもらえます▼▼

 

 

 

不動産で家賃収入を得られるのは魅力ですよね!
管理面さえうまく運営できれば、その後の自分たちの生活もメドがつけやすくなります。

【売却】のメリット デメリット

メリットは、

  • 精算すれば、住宅ローンが完済できる可能性がある。
  • 当然、維持管理費用はかからない。

 

デメリットは、

  • 条件が整っている物件でなければ、赤字になる。
  • 買い手が見つからなければ、価格が下がる場合もある。

 

手放してしまうわけですから、一旦決まればその後のリスクはありません。
好条件の物件であれば、売却を考えるのはメリットのほうが大きいかもしれないですね。

 

マンションでも一戸建てでも、こちらも複数の不動産会社から一括で査定をもらことができます。

 

できるだけ高く買い取りしてくれる売却先を見つけたいですね。

 

▼▼無料で「不動産一括査定」をもらい買取額を比較することが出来ます▼▼

 

 

 

売却先さえ見つかれば、今後の資金運用も見通しがつけられます。
そのためにはできるだけ高く売りたいものです。

 

売却か賃貸か悩むところだけど・・

どちらを選ぶにしても、人生で一番大きな買い物に対する価値を判断してもらうわけですから、ともかくは無料で見積もりをもらって比較検討してみることからスタートです。

 

「無料」で費用面をクリアに出来るなら、利用しない手はないですね!